楽天銀行カードローン

MENU

楽天銀行カードローン

楽天グループの楽天銀行が発行する楽天スーパーローンは金利年4.9%〜14.5%、限度額500万円と銀行カードローンのなかでは標準的なスペック個人向けカードローンです。注目すべきポイントは入会&利用することにより楽天スーパーポイントが最大で31,000ポイント付与されるというサービス。楽天ユーザーの方でポイントを貯めているという方は大変多いですから、これはうれしいサービスですよね。

 

おまとめ・借換えにも使えるので、いまよりも低金利なカードローンに一本化したい…という方にもぴったりです。収入証明書は限度額200万円以下の場合には原則不要、コンビニでのATM手数料0円、また専業主婦・パート・アルバイトの方でも利用可能とサービス内容も充実していてかつ幅広い方に使いやすいローン設計となっています。

 

専業主婦の方の場合には特に、専用のサービスが別にあって、そちらは金利14.5%で固定、最大50万円までの限度額となっています。総量規制対象外の銀行カードローンしか借りられなくなった専業主婦ですが、専業主婦への貸付け自体行っている銀行が少ないなか、最大50万円というのはトップクラスの限度額です。収入証明書の提出は不要で必要な書類は本人確認書類だけ、それも証明書類送付アプリで簡単に送ることができます。こちらも入会するだけで通常は100円で1ポイント貯まるポイントが1,000ポイントプレゼントとなりますので、1ポイント=1円相当でいろいろな楽天サービスで使うことができますし、ANAマイルとポイント交換することも可能です。

 

審査は最短当日〜2営業日ほど時間がかかるとのことですが、申し込み状況などにより数日間かかる場合もあるそうです。申し込みフォームから申し込みをすれば、そのまま本審査となり審査結果が知らされるという流れが他社と違います。ローンカードは成約した翌営業日に簡易書留で発送されます。

 

審査の通りやすさに関しては口コミですと比較的甘いという書き込みが多いですね。審査がかんたんで早く、スムーズにいくところは評価が高いです。ただし、利用している最中に急に原因不明の出金停止があるという書き込みも少なくないようで、その点は利用にあたって少し不安が残ります。
参照・・・カードローンの口コミ・評判ランキング|カードローン評判

融資限度額を増額するということ

融資限度額は新規申し込み時の審査によって決定します。
決められた限度額の範囲内では借り入れをすることが自由となっています。
一般的に融資限度額は初回の場合50万円を超えることはなく30万円程度に抑えられています。

 

この融資限度額は増額することができます。
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックでも増額が可能となっております。
利用限度額を増額するためには増額の申し込みが必要です。
第二リテールアカウント支店専用ダイヤルに連絡をして増額の審査を受けることとなります。
受付時間は平日9時から21時までと土日祝日は9時から17時までとなっており、年末年始は休業です。

 

このように銀行では融資限度額の増額を受け付けており、消費者金融でも増額申請は受け付けています。

 

それでは増額についてご説明していきましょう。

 

新規申し込み時に決められた融資限度額、例えばそれが30万円で契約をしたとします。
その金額の中であれば借り入れは自由にできるものであり、限度額いっぱいになるまで借り入れは自由です。
返済をして限度額に余裕ができればまたその余裕分を借り入れできるというものです。
もちろんそのような使い方であれば返済ができなくなることは想像ができる範囲となりますので借り入れの仕方には気をつけなくてはなりません。

 

新規申し込み時に決められた融資限度額は、契約書に記載されています。
本来であれば借り入れる金額ごとに契約をするというのが金銭賃借の方法となっていますが、金融業の場合には基本契約として貸し付け可能な金額を契約しその範囲を自由に借り入れさせるという方法を使っています。

 

増額によってその契約書にある金額を変えるとなれば新しく契約を取り交わさなくてはなりません。
つまり増額とは再契約が必要になるということです。

 

そして新規申し込み時には審査が行われそれによって決められた融資限度額です。
その融資限度額を超えるためには新たに審査をしなくてはなりません。
もうすこし簡単にご説明しましょう。
審査の結果、その契約者に貸付ができる金額を30万円であると判断したとします。
増額をするためにはそれ以上の貸し付けが可能かどうかを審査しなくてはならないということです。

 

新規申し込み時の審査と、増額の審査では異なった内容となります。
これまでにその金融機関での利用実績がない状況が新規申し込みです。
審査の対象となるのは返済能力があるかどうかであり、過去のキャッシングや属性などによって貸し付け可能金額を判断することとなります。
しかし、増額の時には取引という実績があります。
取引とは借り入れや返済のことを指しています。

 

増額の審査における重要なポイントを確認していきましょう。

「利用実績」

返済が確実に行われていることはもちろん、利用実績としては高得点となるでしょう。
借り入れが頻繁であり返済日直前の借り入れが多くなれば自転車操業が疑われマイナスポイントとなるはずです。

 

「利用期間」

利用実績を判断するための期間が必要になります。
一般的にそれは半年といわれています。
新規申し込みから数えて半年、前回の増額から数えて半年、と6か月という期間が一つの目安となっています。

 

「増額の金額」

一度に多くの金額を増額することができません。
10万円ずつの増額となるのが傾向としてあります。
金額があまりに大きく開くことには金融業者にとってもリスクを増やすだけとなりますので10万円を単位として増額ができると考えておきましょう。

 

「他社からの借り入れ」

新規申し込み時と比較して現在の借り入れ先が増えているようであれば増額の審査には通る可能性は少なくなっています。
他社からの借り入れが増えることによって返済が分散する可能性があります。
また他社への返済を目的とした増額になることも考えられないことではありません。

 

「登録情報の変更手続き」

意外と思われるかもしれませんが、新規申し込み時に提出をした情報を変更していなかった時には不利になるとされています。
金銭賃借の関係を軽んじていると考えられ不信感を与える事項です。
登録情報の変更は通常は会員サービスから手続きが可能となっています。
三菱東京UFJ銀行の場合には第二リテールアカウント支店に連絡をする事となります。

 

消費者金融では増額することにメリットはありません。
他社からの借り入れを増やすよりはその消費者金融で増額をすることで借り入れ先を増やすのではなく一本に絞った状況をキープできます。
銀行では増額をすることで融資限度額によって決められた金利を下げることが可能です。
借り入れ金額が不足しているという状況だけではなく、金利を下げるための増額としてもメリットがあります。